読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいフ

ジャムの店、リリーのはなしのまつうらです。まいにちのきろくです。

冬の流行り





風邪をひいた。

おとといの晩から高熱が出はじめて、真っ先にインフルエンザを疑って診察を受けたけれど、インフルエンザではなかった。

咳や鼻水に悩まされることはあっても、熱が出て寝込むような重症の風邪は、たぶん生まれて初めてだ。
まだ熱も上がりきらず頭が元気なうちは、「いくら高熱といっても座って書き物をするくらいはできるだろうから、もらったりきりになっている手紙の返事を書いたりして過ごそう」なんて思ったのだけど、39度の熱に一晩も浸かりっぱなしになると、のぼせたようになって頭の中がぐるぐると揺れて、横になっている以外のことができなくなった。
私のことだから、風邪だからといって食欲にも特に影響はないだろうなとおもっていたら、絵に描いた感冒患者のようにおかゆと梅干ししかたべられなくなった。
それにしてもおかゆってとてもいい。きれいな味がする。お米があって本当によかった。外国のひとは、風邪をひいたときなにをたべるのだろう。せいぜいパンを牛乳に浸してたべるのだろうか。気になってしらべてみたら、チョコレート入りのおかゆやターメリックを溶かしたミルクや、スタミナ付けにステーキをたべるという国もあるらしい。
外国人が宇宙人のように思えて、ますます頭がくらくらした気がした。

発熱から丸2日経って、熱は37度台までさがってきた。ゆきさんのつくるおかゆは毎食ちいさな土鍋に入って運ばれてきて、おやつの干し芋はたべやすく切られて、爪楊枝とマスキングテープでつくったメッセージ入りの旗がさしてあった。好きなものがたべられなくてもうれしくなる食卓って、あまりないとおもう。ゆきさんが大事にしていることがすこしわかった気がする。



f:id:lilytori:20160221184423j:plain