らいフ

ジャムの店、リリーのはなしのまつうらです。まいにちのきろくです。

春の土

f:id:lilytori:20160329202954j:plain


うるわしいよ。ふきのとう。

毎年蕗味噌にしてたべていたのが、今年はスーパーでも見かけず、田んぼを散歩してもみつけられず、がまんならなくなって楽天で買ってしまった。

野草をネットで注文するなんて…ばかげているけど、そうおもうと服を買うのも家具を買うのもぜんぶばかげているような気がしてきて口を開けて白目をむいて呆けてしまいそうに気が遠くなったのだった…

子どもの頃、長野の田舎で、生えすぎて踏んづけて歩いていたふきのとう。大人が有難がってたべているのを横目にどんぐりガムを噛んでいたのに、気がついたらわたしも「春なのにふきのとうがないなんてげんきがでない」と口走っていた。

お弁当の、ごはんのところに蕗味噌をのせると、蓋をあけたときなんともいえない灰汁っぽい土っぽいにおいが漂うので一瞬ひるむ。それでも口へ運んでその灰汁っぽい土っぽいにおいを慎重に味わってみると、うまくいえないけれどなんだか原始的な気持ちになってまた気が遠くなってくる。

(ケチャップたっぷりのフライドポテトの対極の、分かり難いものを味わっている釈然としないきもち)

深呼吸っぽい作用のあるたべものだなあとなんとなくおもう。